FC2ブログ

ちょい不良おやじのきままブログ!!

気になった事など色々きままに書いてます!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

If、、もしもあの時・・・・・(44)

  前回に戻る

 そして面接が始まった。
しかし、イレギュラーだった面接と言う事もあるのかもしれないが、
一般に考えられる採用の面接とは程遠い感じだった。

 終始雑談と言うか、世間話というか、
アメリカにいた時にどんなところに住んで、
どんな体験をしたのかとか・・・・・
バイク屋時代の営業経験に関してだとか、
平田社長の本の感想だとか・・・・・

 そんな面接が終わると、
「では、結果は後ほどご連絡致します」となるのが普通だと思っていたが、
ここでも、ビックリさせられた。
何といきなり、「では来月1日から、出社して下さい」と言われたのだ。

 俺は耳を疑った。
「え? 採用して頂けるという事ですか?」と思わず聞きなおした。

「ええ、来月1日からでは不都合ですか?」
中村専務は、私の目を見ながら問い返してきた。

「いえ、結構です。
 宜しくお願いいたします。
 この場でお返事いただけるとは思っていなかったものですから・・・・・
 ちょっとビックリしたもので・・・・・」

「私共も今回のような採用は初めてですよ」

 平田社長が笑顔で答えてくれた。

「来月1日から、一分新入社員の研修が始まるんですよ。
 ま、時期も良かったし、
 三木さんは、途中入社という扱いにさせてもらいますが、
 受けておいて頂きたい研修もありますからね。
 3ヶ月間は仮採用とさせて頂きます。」

「では、後は条件等中村からお聞きになっておいて下さい」  

 そう言うと、平田社長は席を立ち、部屋を後にした。

 その後、中村専務から仕事の内容・採用条件等の話があり、

「分かりました。宜しくお願いいたします」と私が返事をすると、

「一応、採用通知は本日郵送しておきます」
 そう言って、中村専務は話を締めくくった。
 
  次に進む
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。